15周年記念!2017年3月から1年をかけて、"旅するバンド"ザッハトルテが
日本のどこかの旅先でレコーディングした曲を、毎月1曲シングルリリース!
 MARCH
『空を飛ぶ夢』
(2017.3.24)
 APRIL
『高貴な人形』
(2017.4.21)
 MAY
『開幕』
(2017.5.19)
 JUNE
『砂漠のメルヴィア』
(2017.6.23)
 JULY
『ポリプロピレンのジョーロ』
(2017.7.21)
 AUGUST
『古い月』
(2017.8.25)
 SEPTEMBER
『天国の火曜日は、ごみの日ではない』(2017.9.22)
 OCTOBER

 NOVEMBER
『ハクヤチユウム』
(2017.11.24)
 DECEMBER
『Quenelle noire』
(2017.12.22)

【9月】『天国の火曜日は、ごみの日ではない』 9.22 Release!!
 ▼ダウンロード配信▼ 

 ▼ストリーミングサービス▼ 

*各配信サイトによって発売日が前後する場合があります。


作曲:ヨース毛  2017.6.29【もっきりや(金沢)】にて録音。

≪作曲者コメント≫ -ヨース毛(Cello)-
 夏も終わり、ツクツクボウシも秋夜の虫の声に圧されはじめ、秋の爽やかな風に時折胸がキュンとする今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?この夏のザッハトルテは北への旅が多かったため、痩身でお馴染みの私ヨース毛はいつになく食欲旺盛な残暑を過ごしております。ありがたやありがたや。
 さて、当企画『月録!音行脚…』も7ヶ月目、いよいよ折り返しました。今回は、僕の番。ミニアルバム『ヨッパローヨッパロー』収録の「天国の日曜日は、収穫祭でフォークダンス」にはじまり、前作『お茶の間トリップ』収録の「天国の木曜日は、シンポジウムで婚活」に続いての、「天国の〜曜日は、…」シリーズ第3弾です! 遡れば『ビストロオンゼ』収録の「死にたくなくもない人」からこんなテーマで始まっているような気がしますが、東日本大震災の前後、30代になった頃から、生死について身近に感じる機会が増えたのも少なからず影響しているように感じます。
 喜びも楽しみも悲しみも苦しみも憤りも…、大きく俯瞰して"ホワホワ"と宙に浮かせてみればなんだか微笑ましいものです。なかなかそうはいかないのが人生ですが、天国くらいそんな世界だということにしておきたいなと。
 僕は、インストの曲はできるだけ先入観なく自由に聴いてもらいたい、と考えているので、曲名はあくまで「呼び名」としてつけているのですが、今シリーズはちょっとだけそんな気持ちを込めて「苗字」を付けてみました。『天国の…』一族にまた愛おしい新入りが増えたような嬉しい気分です。
 さて、曲解説、という事ですが… タイトルはそんな感じで、今回は火曜日、ごみの日では無いようです。
 曲は鼻歌とギターで"ホワホワ"と作りました。
 アレンジは、都丸智栄がアコーディオンとピアニカを、ウエッコがギターとヤフオクで買った8弦ウクレレ(これが良い音なの!)を、僕はチェロとリコーダと拙いバイオリンを弾いています。"上手でない、整っていないけど一生懸命な音"は、僕が最も愛おしさを感じる音です。そんな音が詰まった"ホワホワ"な楽曲に仕上がったと思います。
 何かで「い゛〜!」っとなった時、二日酔いでなんとなくブルーな時、ムラムラしてしょうがない時、生理(更年期?)でイライラする時、幸せに浸りたい時… なんかに"ホワホワ〜"っと聞いてもらえたらうれしいです。
 はてはて、天国の一週間が完成するのは果たして何年後でしょう?今から楽しみでなりません。それまで気長にお付き合いいただければこれ幸い!












 実録!#07『いつも通りの"もっきりや"で、いつも通りの空気を』
 ザッハトルテは15年前の結成から約1年で1stアルバムをリリースしました。学生時代に就活代わりにと自主制作で作った『お茶の間ヨーロッパ』。右も左もわからぬまま、ダイヤルアップ接続のインターネットで少ない情報をかき集め、本を見ながら大学のPCのイラレver.8でジャケットデザインを作ってみたはいいがフロッピーディスクにデータが入りきらず、泣く泣く家でやり直して…
 カセット、MD、CDが現役で、CD-Rが浸透する前の話。思い返せばもう一時代前の事ですね。

 そんな1stアルバムの頃からお世話になっているのが今回録音させて頂いた「もっきりや」です。が、この「もっきりや」は46周年だそうです……。なんともはや…、ん?という事は、僕らが初めてライブさせてもらった頃には既に創業30年の老舗だったということか…!!日本一古いライブハウス(本当はジャズ喫茶?)と呼ばれるわけです。僕らなんてまだまだ、ひよっこですね。

 店主の平賀さんはこの15年間(年に1,2回)僕らがライブをさせてもらう度に、お客さんがギュウギュウの賑やかなライブも、空席の目立つちょっと寂しいライブも、変わらず丁寧に、厳しく優しい目で見守ってくださいます。美しいものが大好きで、カウンターにはいつも瑞々しく美しいバイトの学生さんがいます。46年フレッシュに続いている秘訣の1つはこの学生バイトにあると僕は思うんだが、話が反れたので戻しましょう。

 今回の録音はそんな平賀さんのご厚意で、昼の「もっきりや」の営業を止めての録音、さらに夜はザッハトルテのライブという丸一日僕らの貸し切りという贅沢な録音でした。僕が生まれる前の人々の息づきを感じる写真やポスター、毎日丁寧に使われてきたことが一目でわかる気取らないカウンター、テーブル、椅子、道具たち…。そんな丁寧な平賀さんの温かみを感じる木のステージで今回は録音です。
 近所の馴染みの店で海の幸を食べ、カウンターでいつものもっきりやのコーヒーを飲み、なんとなく録音が始まって…いつにもましてリラックスした自然体のレコーディングでした。ときおり窓から覗く通りがかりの人、REC中なのに鼻歌を歌いだす平賀さん、猫… 晴れの金沢、万事順調、平和なホワホワした日常の時間を、きちんと詰め込めた気がします。
 夜のライブも『月録!音行脚…』の新曲を中心に、録音したばかりの曲も披露したり、気取らず楽しいライブになりました。打ち上げはいつものようにもっきりやで美味しい手料理〜ペーパームーンで大好きないつものコールスローサラダ、いつも通り0時過ぎに平賀さんが眠ってしまうまで、金沢の楽しい一日は穏やかに楽しく過ぎました。

 さぁ、『月録!音行脚…」も折り返し!まだまだ半分です!これからアンギャ―と生まれる新たな曲たちとの出会いを楽しみに、旅するバンドの音行脚は続きます!引き続きお楽しみに!!

≪文・ヨース毛≫
ザッハトルテ (ZAHATORTE) are 都丸智栄(Accordion) ,ウエッコ(Guitar) ,ヨース毛(Cello)
・Recording & Mix:小村宗晃 ≪Studio Principal≫ ・Photo & Jacket:コヤママサシ 
・Logo/Web Design & Illustration:早川じょうじ ・Web Design & Slideshow:ヨース毛 
発売:office ZAHA