15周年記念!2017年3月から1年をかけて、"旅するバンド"ザッハトルテが
日本のどこかの旅先でレコーディングした曲を、毎月1曲シングルリリース!

 お陰様で初回限定・写真集(2冊付)仕様は『完売』致しました!!

 バンド結成15周年の2017年3月〜2018年2月一年間、全国各地を旅しながら縁の会場でレコーディングし、毎月1曲リリースする15th企画『月録!音行脚』。
 12曲目、2018年2月のリリースをもって、ついに踏破!
 一年間の汗と15年の血の通った珠玉の月録12曲に、スタジオ録音の新曲3曲が加わって、全15曲入りの ≪15周年記念フルアルバム≫ のCD化が決定!!
 初夏発売予定の通常版に先駆けて、超豪華!!初回限定版『CD+写真集(二冊)仕様』が、GW『そうだ 京都、聴こう。2018』(4/28〜3Days)会場で先行販売となり、期間限定オンライン通販にて、ロケ地販売分を除き完売!

 そしていよいよ、通常版という名の超豪華版が、満を持して登場します!!詳細は近日発表!!
豪華・通常(?)版『近日情報公開!!』

#01 MARCH 京都
#02 APRIL 下北沢
#03 MAY 京都
#04 JUNE 四谷

#05 JULY 名古屋
#06 AUGUST 高知
#07 SEPTEMBER 金沢
#08 OCTOBER 茨城

#09 NOVEMBER 三島
#10 DECEMBER 静岡
#11 JANUARY 大阪
#12 FEBRUARY 京都

YOU TUBEで各楽曲のメイキングスライドと共に視聴することができます。

 ▼ダウンロード配信▼ 

 ▼ストリーミングサービス▼


お好みのダウンロード・ストリーミングサ―ビスでご利用いただけます。  *OTOTOYのみハイレゾ音源を配信しています。  *各配信サイトによって発売日が前後する場合があります。


【メンバーズコメント】『月録!音行脚を終えて。』

≪都丸智栄(Accordion)≫ 
 ザッハトルテ15周年の音行脚で12箇所の素敵カフェや、ホールなどで録音した訳ですが、あっという間だったなあってのが正直な感想です。
 色んなタイプの曲を作曲して演奏できたし、実験的なフレーズも試せたし、個人的にも成長できた一年でした。
 何より一気に大量の新曲増やせたのが嬉しいです。
 3人で力を合わせた音行脚、これからたっぷり時間をかけて練っていきたいと思います!

≪ウエッコ(Guitar)≫ 
  2017年の2月から始まった「月録!音行脚〜ザッハトルテは15年〜」は毎月違う場所で新曲を録音、それを一年間続けるという壮大な企画でした。
 一年間で12曲なので、3人で割ると1人4曲ずつなので、3ヶ月に一回、メンバーそれぞれに順番が回ってくることになりますが、新曲を作るペースがゆっくりな僕らにとってはそれがけっこうなハイペースに感じられたりして、かなりの刺激になりましたね。
 曲を作るにあたって、「次はあの場所で録音するからこんな曲にしようかな」とか毎回考えるのが楽しかったし、僕にとっては今までとはちょっと違った作り方をした曲ばかりになりました。
 そして三者三様、バラエティーに富んだ曲達が毎月産声をあげてきましたが、こんな新曲が豊作な年は15年やってて初めてじゃないかしら。

  ありがたいことに、写真家の小山雅嗣さんが一年間の録音や旅の様子をカッコ良く写真に収めてくださいました。音行脚の前半から後半になるにつれ、だんだん写真に写ったメンバーの雰囲気がやわらかく変わっていくのが面白いです。僕はカメラを向けられるのがとっても苦手なんですけど、小山さんは流石です。写真のザッハトルテはよりカッコ良く見えます。
 この一年間、毎月ザッハトルテの音行脚に同行していただいたレコーディングエンジニアの小村さん、写真家の小山さん、ゲストミュージシャンのみなさん、そして快く録音の場を提供していただいたお店や会場のみなさん、本当にお世話になりました。
 おかげさまで大変楽しい旅になりました。ありがとうございます!

≪ヨース毛(Cello)≫ 
 10周年の頃には感じなかった「節目感」を、ここに来て感じまくっています。この15周年の「節目」が果たして、AメロからBメロへの変わり目なのか、Bメロからサビへの変わり目なのか、はたまた何も変わらず繰り返すだけのか…?今の僕にはわからないですが、いつか振り返った時に「15周年は節目だったなぁ…」と、きっと思う事でしょう。
 毎月のレコーディング、作曲、編曲はもちろん、タイトルを考えたり、ジャケット写真を選んだり、コメントを書いたり、さらには毎月のスライドショー作り(だんだん上手くなった!?)、特設サイトの更新…、企画の発案から約一年、いつになく充実した1年でした。自分で考えておいてなんですが、こんな企画をやり遂げられたことにとても満足しています。

 カメラマンの小山さん、音響の小村さん、早川じょうじ画伯、録音させて頂いたお店の皆さん、毎回ダウンロードしてくれた皆さん…のおかげで、当初ぼんやりと思っていた以上に、多くの実りを得ることができました。この実りを少しずつ噛みしめながら、新たな力にして、さらに歩き続けようと思います。

 今、新たな作業に取り掛かり始めています。近日この特設サイトで発表しようと思っているので、是非引き続きこの特設サイトを訪れて欲しいです。
 そして何よりも、是非ライブ会場へ、ザッハトルテの15年の活動を、音を、肌で感じに来てください。


 クリエーターズコメント
≪小村宗晃(Rec Engineer)≫ 
 ザッハトルテと最初に出会ったのは2011年、カフェライブ録音をさせてもらいました。
 今回のアルバムは全国のザッハトルテとゆかりのある場所での録音でした。 ザッハトルテを見守る各地の温かい方の空気がとても心地よく、音楽にも表れていると思います。カメラマン小山氏の写真と共に、とてもすばらしい景色が伝わります。3人三様の曲、それぞれの世界観、毎回どきどきな1発録音、息を潜めながら外の大きな音が入らない事を願いながら…。
 いつも録音をさせていただく際に心がけてることは、なるべくそのままの音楽(景色)が伝わるようにと意識してます。ザッハトルテサウンドの気持ち良さがそのまま伝われば嬉しいです。
 同じ曲をダウンロードできるハイレゾ音源もぜひ聴き比べてください。また違った空間の広がり暖かみを感じられます。
≪コヤママサシ(Photo)≫ 
 1年間レコーディング風景を撮影するという、カメラマンとしても始めての貴重な体験でした。
 音楽が生まれ、大地に着地する瞬間を目にするのはなかなかないこと。調子のいい時も苦悩もありのまま写っています。途中からロードムービーを記録している感覚になってきました。
 ここまで突っ込んで撮影できたのは、15年かけてこの録音場所を大切にしてきた、ザッハの人柄と音楽にあると思います。
≪早川じょうじ(Art Direction)≫ 
  はじめてザッハトルテにイラストを提供したのは、まだ1stアルバムが出る前、結成間もない彼らのライブ告知フライヤーで使うためのものだったと記憶しています。理由は忘れましたがカエルのイラストを描きました。さらに言うと、チェロのヨース毛くんとはいわゆる“竹馬の友”ってことで、ザッハの歴史を最初期から目撃してきました。いつまでも変わらずヘンテコな御三方、歳を重ねるごとに三者三様のセンスに磨きをかけ、めでたく15年!
 今回の15周年企画「月録!音行脚…」は、15年を迎えたザッハトルテというバンドにしかでき得ない、非常にユニークで感慨深い企画でしたね〜。RECエンジニア小村さん、カメラマン小山さんがザッハの魅力を存分に引き出して、またもや新しいザッハトルテを目撃することができました。この企画の1年間は陰ながら応援していただけですが、なんとCD化決定!ということで、僕もエンジンがかかってきました。成長を続けるザッハトルテの音楽に釣り合うような、記念碑的なCDビジュアルが仕上がればいいなと思っています。
ザッハトルテ (ZAHATORTE) are 都丸智栄(Accordion) ,ウエッコ(Guitar) ,ヨース毛(Cello)
・Recording & Mix:小村宗晃 ≪Studio Principal≫ 
・Photo, Jacket & PhotoBook Design/Direction :コヤママサシ 
・Logo/Web Design,Web Illustration & Art Direction:早川じょうじ
・Web Design, Slideshow & Total Project Produce:ヨース毛 
発売:office ZAHA