15周年記念!2017年3月から1年をかけて、"旅するバンド"ザッハトルテが
毎月一曲、日本のどこかでレコーディングをし、シングルを毎月リリース!
 MARCH
『空を飛ぶ夢』
(2017.3.24)
 APRIL
『高貴な人形』
(2017.4.21)
 MAY
『開幕』
(2017.5.19)
 JUNE
『砂漠のメルヴィア』
(2017.6.23)
 JULY
『ポリプロピレンのジョーロ』
(2017.7.21)
 AUGUST
『古い月』
(2017.8.25)
 SEPTEMBER
『天国の火曜日は、ごみの日ではない』(2017.9.22)
 OCTOBER

 NOVEMBER
『ハクヤチユウム』
(2017.11.24)
 DECEMBER
『Quenelle noire』
(2017.12.22)

【7月】『ポリプロピレンのジョーロ』 7月21日(金)リリース
 ▼ダウンロード配信▼ 

 ▼ストリーミングサービス▼ 

*各配信サイトによって発売日がズレる場合があります。


作曲:ウエッコ 2017.3.29【Cafe Dufi(名古屋)】にて録音。

≪作曲者コメント≫ -ウエッコ(Guitar)-
この曲は、庭で観葉植物を眺めながら、まったーりぼんやーりと一服しているいつもの我が家での光景、そんなイメージで作りました。
庭での一服ついでに、わさわさしている観葉植物に水をあげるんですが、うちではみどりの象さんのジョーロで水をあげています。

最近は家でよくショーロの曲を聴くんですが、いままでザッハで弾いたことが無かったショーロのような雰囲気がちょっぴり出せたかなと思ってます。
タイトルのジョーロとショーロ、そうです、駄洒落です。
そしてポリプロピレンは言葉の響きが好きなのでつけました(ちなみに象さんジョーロの素材はポリエチレンだそうで)。

今回録音した音源を聴いて、「ザッハトルテの3つの楽器編成は本当にいいバランスだなぁ〜」と改めて思いました。
ぜひ聴いてください!











 実録!#05『名古屋のホームグラウンド』
 京都の「さらさ西陣」では毎月第3月曜日に欠かさず、15年もの間ライブを続けていますが、 名古屋の千種にある「CAFE DUFI」でも毎奇数月の第4土曜日に、欠かさず定期ライブをさせていただいてます。
 DUFIでライブを始めたのが、1stアルバム「お茶の間ヨーロッパ」をリリースしたころからなので、もう13年位になりますね。店主の水野さんご夫妻に会うと、「ただいま!」という気持ちです。
まさに名古屋のホームグラウンドです。
 DUFIの料理はとても美味しいんですよ!13年前はライブの後いつも、当時若かったザッハトルテのメンバーにご飯を山盛り盛ってくれてましたが当時はペロリでしたね。そのあとデザートとコーヒーというのがDUFIでのライブ後のお楽しみでした。
 最近はライブ限定「ザッハトル定食」を食べることが多いですが、ハンバーグも最高なんですよ!
 さて、このお店では店主がよくブラジルの音楽を流しているイメージがあり、ここで自分の曲を録音するなら南米を意識した曲にしたいな〜と考えておりました。そこでショーロっぽい雰囲気の曲を作ったのですが、まるさんとヨース毛は慣れないシンコペーションに苦戦しつつも、いざ録音となると流石の演奏をしてくれてます。
 勝手知ったるホームグラウンドでリラックスしたレコーディング。まったりした曲だったこともあり、何回かテイクを重ねる内にその場にいた全員が眠たくなるということもありましたが、なんとかいいテイクが録れました。
α波出まくりますよ〜!!      ≪文・ウエッコ≫
ザッハトルテ (ZAHATORTE) are 都丸智栄(Accordion) ,ウエッコ(Guitar) ,ヨース毛(Cello)
・Recording & Mix:小村宗晃 ≪Studio Principal≫ ・Photo & Jacket:コヤママサシ 
・Logo/Web Design & Illustration:早川じょうじ ・Web Design & Slideshow:ヨース毛 
発売:office ZAHA